FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告 ★ comments(-) ★ trackbacks(-) ★ TOP↑

≫ EDIT

大樹寺

 平成23年3月11日、千年に一度と言われる巨大地震と津波が発生し、日本という国家全体の存亡にかかわる事態となりました。犠牲となられた方の数は万単位になるようです。何万という方々がどのような思いで死を迎えられたのか、最期に何を見て旅立たれたのか、それまで精一杯生きていらっしゃったであろうお一人お一人の人生は一体なんだったのかと思うと胸が痛みます。とても他人事とは思えません。せめて、せめてあちらの世界がこちら以上に素晴らしいものであることを願います。また、むしろそれより苦しい現実が待っている方々も大勢いらっしゃいます。一刻も早く皆様に笑顔が戻る日がくることを祈るばかりです。
daijuji01.jpgdaijuji03.jpg
 成道山大樹寺(じょうどうさんだいじゅじ)は、岡崎市にあり、徳川歴代将軍の位牌が安置される徳川家ゆかりのお寺です。街中の少し小高い場所にあります。山門(上左右写真)が大変大きく立派です。二層の三間一戸の八脚門で二層目の屋根を支える組物(三手先)も実に立派です。門の左右にはこれまた立派な山廊もあります。徳川家光の建立です。
daijuji12.jpgdaijuji11.jpg
 そして、ここのお目当て多宝塔です(上左右写真)。あまり大きな塔ではありませんが、室町時代創建(1535年)の国重文です。左上の写真のように周りに囲いがあり、その中までは入れませんが、葵のご紋が燦然と輝いております。色褪せた木の感じがとてもいい感じを出しています。手前に映っているのは桜の枝だと思われます。春先にはきっといい画になるんでしょうねえ。
daijuji16.jpgdaijuji18.jpg
 左上の写真は本堂です。写真で見るとあまり大きく見えませんが、結構大きく中も広いです。徳川将軍家ゆかりの物が並べられています。また、有料で奥の部屋を参観できます。おそらく障壁画などが観られるのだと思います。右上の写真は総門です。実は一番上の山門の前(南方)には小学校があります。その名も大樹寺小学校。小学校の運動場を横切った先にこの総門があります。何とこれが小学校の南門です。さらにさらにこの総門から覗くとはるか彼方に見えるのは岡崎城の天守閣!つまり、大樹寺の本堂、山門、総門、岡崎城天守が一直線上に並んでいるのです。これをビスタラインと呼び、この間には背の高い建物は建てられないように決まっているのだそうです。右上の総門のすぐ手前の地面は運動場の地面です。すごい。
daijuji20.jpgdaijuji23.jpg
 誰でも思いつくと思いますが、ここまで知るとどうしても岡崎城に行ってみたくなろうっていうもんです。そして、逆に見てみたいと思うもんです、これが。で、当然左上のように岡崎城(岡崎公園)へ。でもって天守の最上層まで登って写真を撮るわな。アップした写真では若干見にくいのですが、ちょうど写真の中央に先ほど透かして見た総門があり、そのすぐ上に最初に紹介した山門がはっきり写っています。ちなみに、250mmで撮ってトリミングしてあります。本堂は山門に隠れて見えません。実はこの写真のすぐ手前に大きな市立図書館があるのですが、やはり景観を壊さないために低層の建物にしたのだそうです。多くの人がこういうルートを辿るのだろうなあ。
関連記事
スポンサーサイト

カテゴリー:愛知comments:0trackbacks:0TOP↑















非公開コメント

http://nexuskt.blog71.fc2.com/tb.php/107-2bd4faf9

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。