FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告 ★ comments(-) ★ trackbacks(-) ★ TOP↑

≫ EDIT

南禅寺

nanzenji01.jpgnanzenji15.jpg
 南禅寺は、左京区哲学の道の途中にあり、1291年に創設された臨済宗(禅宗)の大寺です。亀山法皇が大明国師を招いて開基したものです。すでにコメントしている永観堂(禅林寺)のすぐ南にあり、歴史的に関係も深いようです。歴史的には2度の元寇の少し後ということになります。
 上の写真は2枚とも山門(三門)です。これは1628年に再建されたもので国重文です。南禅寺の一つのハイライトです。門と言うにはあまりに大きい、五間三戸、二重の門で左右には山廊もあります。2階部分にも高欄があり、拝観料を払うと上がることができます。また、歌舞伎で石川五右衛門が「絶景かな、絶景かな」と叫んだのがこの三門の2階です。
nanzenji14.jpgnanzenji02.jpg
 次のハイライトは法堂です。法堂は禅宗の本堂とも言うべき中心的な建物です。現在の法堂は明治時代に再建されたものですが、その落ち着き払った存在感は素晴らしいです。典型的な禅宗の法堂で、安定感と安心感を観るものに与えます。
nanzenji12.jpgnanzenji13.jpg
 そして、三つ目のハイライトである方丈です。方丈はもともと僧侶が生活する場所で、南禅寺は主に大方丈、小方丈の建物と、方丈庭園で成っています。左上の写真は本坊の入り口で、ここが方丈拝観の入り口になります。右上は拝観経路の始めにある大玄関で、唐破風つきの立派な門があります。またそこに至る石畳も苔むして趣のあるものになっています。
nanzenji05.jpgnanzenji10.jpg
 左上の写真が方丈庭園で、白砂には特に石などは置かれていませんが、写真の左端の部分に石組みが配されており、「虎の児渡し」と呼ばれています。右は、いわゆる枯山水様の石が配される中庭です。
nanzenji09.jpgnanzenji03.jpg
 方丈を拝観するとこれ以外にも左上の写真のような庭をいくつか観ることができます。
 そして、この古式ゆかしき禅寺の境内の中でひときわ異彩を放っているのが右上の疎水です。この煉瓦造りの水路、琵琶湖から水を引いてくるのですが、1891年に竣工しています。この広大な寺院と煉瓦造りの水路というミスマッチというかコントラストの妙というか、アンバランスさというか、初めて訪れる人はびっくりするのではないでしょうかねえ。
 ちなみに訪れた時期は写真を撮るには適していない季節でした。真冬です。寒ぅ~。
関連記事
スポンサーサイト

カテゴリー:京都comments:0trackbacks:0TOP↑















非公開コメント

http://nexuskt.blog71.fc2.com/tb.php/109-83341c68

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。