FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告 ★ comments(-) ★ trackbacks(-) ★ TOP↑

≫ EDIT

白毫寺

byakugoji2.jpgbyakugoji3.jpg 
 白毫寺は、真言律宗の寺院です。白毫とはもちろん仏様の眉間にあるあの毛が丸まったもののことですが、このお寺の由来にどのように関わっているのかはわかりません。新薬師寺から車で5分程の場所にあります。どちらかに車を置いて、歩いて行ったほうがむしろ効率的かもしれません。車で回るにはこのあたりはかなり道も狭く、駐車場もあまりありません。左上の写真が白毫寺の入り口ですが、この手前に個人がやっている有料駐車場があります。
 このお寺は、草創はあまりはっきりしないようですが、ルーツは奈良時代初期までさかのぼるようです。写真で見る通り、結構な階段を上っていきます。すると、右上の本堂に辿り着きます。江戸時代の建物です。山の中腹にありますので、あまり広くない敷地に小じんまりした堂宇が建っています。
byakugoji6.jpgbyakugoji1.jpg
 狭い敷地ながら、本堂の裏には宝蔵があります。ここに、国の重文が安置されています。本尊の阿弥陀如来坐像、地蔵菩薩像、文殊菩薩像、そして有名な閻魔大王と太山府君などです。右上の写真は宝蔵を遠くから撮ったらたまたま阿弥陀如来坐像が写りこんでいましたので拡大してみました。5体の仏様を戴く大きなイカ型の火焔と、二重円光の組み合わせです。イカ型は私の勝手な命名です。いわゆる定朝様式で上品印を結ぶ堂々たる安定感を誇っています。平安時代から鎌倉時代の作とのことです。閻魔大王と太山府君は睨んでいますねえ。こちらの不実さをすべてお見通しです。
byakugoji4.jpgbyakugoji7.jpg
 このほか、境内には(狭い狭いと言いながら意外に広い?)左上の万葉集の句碑があります。そして、最後は境内からの眺望です。意外と高いことがわかります。一番右端にちょこっとだけ興福寺の五重塔が写っています。
関連記事
スポンサーサイト

カテゴリー:奈良comments:0trackbacks:0TOP↑















非公開コメント

http://nexuskt.blog71.fc2.com/tb.php/110-cf312e34

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。