FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告 ★ comments(-) ★ trackbacks(-) ★ TOP↑

≫ EDIT

常寂光寺

jojakkoji2.jpgjojakkoji8.jpg
 常寂光寺(じょうじゃっこうじ)は、京都は嵐山、天龍寺から嵯峨野の道を北に少し進み、途中で西に入った大変のどかで田畑に囲まれた静寂の地に建っています。すぐそばに女の子がいっぱい観光している場所があるとは思えないのどかさです。開山は慶長元年(1596年)の日蓮宗のお寺です。
 左上の写真は仁王門で、本堂に向かう階段の途中にあります。両脇に、右上のような金剛力士像がありこれがなんと運慶の作と伝えられています。
jojakkoji3.jpgjojakkoji4.jpg
 仁王門をくぐると階段を登っていきます。階段の脇には左上の写真のようないい感じの苔むした斜面があり、こちらにも道があるので山道を登っていくこともできます。
 大した階段ではありませんが、登りきると右上の写真の本堂があります。慶長年間に桃山城客殿を移築したものだそうです。中には入れませんでした。裏が庭園になっています。
jojakkoji6.jpgjojakkoji7.jpg
 そして、本堂からもう少し登るとここのハイライト、多宝塔があります。1620年建立の重要文化財です。大変バランスがよく、黒々して重厚感があり、まさに秀麗そのものです。そして、この多宝塔のよいところは、斜面に建っているため、斜面を登っていくと右上の写真のように斜め上から見ることができるということです。2層目を間近にみられるのでいろんな角度からこのすばらしい建物を堪能することができます。
DSC00047.jpgjojakkoji1.jpg
 嵯峨野道から常寂光寺に行く途中には、左上の野宮神社(ののみやじんじゃ)や、右上の有名な竹林を通っていくことになり、天気の良い日に散策をするには大変よい場所です。
関連記事
スポンサーサイト

カテゴリー:京都comments:0trackbacks:0TOP↑















非公開コメント

http://nexuskt.blog71.fc2.com/tb.php/128-e58c759a

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。