FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告 ★ comments(-) ★ trackbacks(-) ★ TOP↑

≫ EDIT

浄瑠璃寺 その2

 浄瑠璃寺はすでにエントリーしています。
 平成24年11月、海住山の特別公開に行った折に比較的近くにある浄瑠璃に寄らない手はないと思い、またまた訪れました。これで3回目の訪問となります。
 簡単に浄瑠璃の概要を記しますと、まず何と言っても九体阿弥陀如来(くたいあみだにょらい)という、そこそこ大きい9体の国宝が横一列にずら~っと並んだ圧巻の本堂は何度見ても飽きません。特に中尊はひときわ大きく、千仏光背と言われる小さな仏様が無数にくっついた光背がこれまたすばらしく迫力満点です。
 本堂にはこの9体の国宝阿弥陀如来の他、両隅にこれもすべて国宝の四天王が4体あり、その他にも3体の重文の仏像があります。さらに、今回は秘仏の吉祥天女像(重文)の特別公開期間だったのでこの厨子が開扉されていました。こちらはつるんとしたお顔に凝った意匠の衣装(笑)で立体感がある像です。また、これもたまたまだったのですが、毎月8日のみ開扉される三重塔(国宝)の初層に安置される秘仏薬師如来像(重文、平安時代末期)も見ることができました。ラッキーでした。こちらは薄暗い初層に金色の像が浮かび上がり輝いていました。
 さらに本堂と三重塔の間にある池は宝池(ほうち)と言います。まさに薬師如来を擁する三重塔から池を経て阿弥陀如来がいらっしゃる西方浄土へ導くという彼岸への道を現世に出現させた世界が広がっているのです。。
 11月上旬だったので紅葉はあまり期待はしていませんでしたが、そこそこ色づいている木々もありましたので、本堂、三重塔、宝池を中心にアップします。平日だったのですが、けっこうな人出がありました。
joruriji2012_1.jpgjoruriji2012_2.jpg
joruriji2012_3.jpgjoruriji2012_4.jpg
joruriji2012_5.jpgjoruriji2012_6.jpg
joruriji2012_7.jpgjoruriji2012_8.jpg


関連記事
スポンサーサイト

カテゴリー:京都comments:1trackbacks:0TOP↑

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2013/01/02 02:46 | |















非公開コメント

http://nexuskt.blog71.fc2.com/tb.php/139-a1ff35fd

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。