FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告 ★ comments(-) ★ trackbacks(-) ★ TOP↑

≫ EDIT

大神神社

ちょっと調子に乗って連投します。大神神社は、奈良県桜井市にあり、ちょうど奈良市から天理市を抜けて明日香村に向かう途中に超巨大な鳥居が見えるのですが、あれです。ちなみに大神神社と書いて「おおみわじんじゃ」と読みます。

ここは三輪山という山を御神体とし、本殿を持たない神社として知られています。三輪山自体がパワースポットとして知られています。また、このあたりは「三輪そうめん」でも有名な場所です。主祭神は大物主大神(おおものぬしのおおかみ)です。大物主神を祀る神社の総本山であり、大和国一之宮です。

oomiwa01.jpgoomiwa16.jpg
左上の写真が大鳥居です。はるか遠くからでもその偉容をうかがうことができます。昭和61年竣功、高さ32メートルの日本一高い鳥居です。ちなみに大鳥居の周辺には三輪そうめんの店がたくさんあります。また、鳥居のすぐそばに「みむろ」という和菓子屋があり、ここの最中も有名です。地名の時は三輪と書き、神社の時は大神と書いて「おおみわ」と読ませるのはちょっとややこしいですね。

大鳥居はまだ神社そのものからは結構離れていますので、ここから歩く人は多くはないと思います。市があったり、何かの行事がない限りは右上の二の鳥居の近くまでは車で行けると思います。ここからが木々に囲まれた参道となります。

oomiwa04.jpgoomiwa06.jpg
参道を進むと、左上の写真のような鳥居(?)があります。〆柱と言うそうで、一種の結界を張る役目のようです。写真のように日本の柱に注連縄を渡したものです。

これをくぐると右上の写真の拝殿があります。前述の通り、御神体はこの拝殿の後ろにある三輪山全体なので、この建物がメインと言えます。1664年建立で、重文に指定されています。また、この拝殿の奥には重文に指定されている三つ鳥居という珍しい形式の鳥居があるようですが、見ることはできません。

oomiwa07.jpgoomiwa15.jpg
拝殿は左上のように荘厳な唐破風がついており、大変重厚で立派な建物です。パワーを感じます。この拝殿から少し下ったところに右上の祈祷殿があります。平成9年造の新しい建物ですが、広大な砂利の敷地に建ち、右に参集殿、左を儀式殿が連接し、新しさの嫌味がない大変大きく立派な建物です。

oomiwa10.jpgoomiwa09.jpg
周辺には摂社・末社(大きな神社のそばにある付属の神社)がいくつもあり、それらを巡って散策するのもよいでしょう。狭井神社という摂社に向かう途中に「大美和の杜展望台」という小高い丘があります。ここを登ると左上の看板があります。その名も「恋人の聖地」なんじゃそりゃ。ここからの見晴しは素晴らしいんです。右上の写真のように奈良盆地が一望でき、大和三山を1フレームに収めることができます。実は、この場所NHKの火野正平さんの「こころ旅」に出てきたので一度来てみたかったのです。素晴らしい眺めでした。

oomiwa13.jpgoomiwa14.jpg
左上は大神神社の摂社の一つ、狭井神社(さいじんじゃ)です。右上はその参道にある池です。大きな神社ではありませんが、三輪山の緑に囲まれ厳かに佇んでいます。実は、この狭井神社の境内の中に御神体である三輪山の登山口があります。途中の飲食、写真撮影等を禁じる旨が書かれており、ハイキング気分で登ってはいけないことを示しています。一度登ってパワーをいただきたいものです。
関連記事
スポンサーサイト

カテゴリー:奈良comments:4trackbacks:0TOP↑

初めまして

岐阜県内在住の大ドラと申します。
初めてコメントいたします。

仏像やお寺関係のキーワードで検索してモノリスクエストさんのブログを知って以来、仏像拝観の参考にさせていただいております。

奈良へはここ最近行っていないのですが、本殿がなく三輪山全体をご神体とする大神神社も興味深いですし、仏像を拝むなど寺社巡りをしてみたいですね。

今年5月に木之本に行った際、観光案内所のパンフレットで知った黒田観音寺をたまたま予約拝観して以来、仏像への興味が強くなり、ここ4ヶ月ほどでは、県内では鏡島弘法(乙津寺)や横蔵寺のほか、6月8日の薬師如来の縁日に美濃国分寺へ仏像拝観で訪ねたり、滋賀では先月初めに『観音の里たかつきふるさとまつり』へ初めて出かけたりしていますし、先月終わりには北陸で、高岡の瑞龍寺のほか、口能登の羽咋で気多大社や3か所のお寺を巡りました。

『たかつきふるさとまつり』ではやはり、渡岸寺観音堂の十一面観音様の素晴らしさを実感したのですが、あれこれお堂を回っていろんな仏様を拝んだことでじっくり拝めず、お祭りではないときにじっくり拝みたいですね。己高閣・世代閣もお祭りではないときにじっくり拝観したいですね。
高岡の瑞龍寺で、小型の猪八戒のような猪頭天に憤怒の表情で挑む烏瑟沙摩明王像は、見ていて面白いものでした。

| 大ドラ | 2014/09/08 21:29 | URL |

ありがとうございます!

大ドラ様

コメントありがとうございます!
忘れた頃にしか更新しませんし、ストライクゾーンが極めて狭いサイトなので訪れていただける方もほとんどいないような状態です。
全く自己満足な内容にお付き合いいただき、本当にうれしいです。
『たかつきふるさとまつり』に行かれたとのこと、うらやましいです。私はまだ行ったことがありません。8月の第一日曜は自分の実家のお寺の行事が毎年あるのでなかなか行けないのです。一度ぜひ行ってみたいです。また、教えてください。

| monolith | 2014/09/09 22:23 | URL |

こちらこそ、ありがとうございます

先日はコメントにお返事をくださって、どうもありがとうございます。

大神神社のある奈良の南部では、長谷寺と室生寺も訪ねたいところです。

モノリスさんがブログ記事で書かれた岐阜県内のお寺では、『三輪釈迦』こと真長寺の釈迦如来様を今後拝みたいですし、近くながら1回しか行ったことのない『(赤坂の)こくぞうさん』、明星輪寺のお地蔵様も、前に行ったときはお姿を拝見しなかったので拝みたいところですし、円興寺に至ってはまだ行ったことさえない有様ですので、できれば聖観音様を拝みたいです。来年4月初めに開山1200年記念で秘仏ご本尊薬師如来が御開帳になる御嵩の願興寺もその御開帳に行きたいですね。

ほか、舞鶴若狭道が北陸道とつながったこともあって、羽賀寺などの小浜のお寺も、そんなに遠くないうちに訪ねたいと思っています。

今月14日に長浜の本体の4か所のお寺を拝観してきましたが、知善院の十一面観音坐像は、細身で決して大きな仏像ではないながら、力強さや眼力を感じさせて美しく、その日に拝んだ仏様では一番印象に残りました。

| 大ドラ | 2014/09/26 22:13 | URL |

大ドラ様
コメントありがとうございます。真長寺はいつ国宝になってもおかしくない丈六のお釈迦様です。ぜひ一度ご覧ください。10月18日に観月会というイベントがあり、11月23日、24日にもみじ祭りがあります。ここは釈迦如来坐像の他、枯山水のすばらしい庭があります。もみじ祭りの頃はすばらしい景色になり、写真を撮るにはうってつけです。
明星輪寺は何度か訪れたのですが、重文の仏像をみせていただけのはブログエントリーに書いた時だけでした。ラッキーだったようです。

| monolith | 2014/09/28 20:03 | URL |















非公開コメント

http://nexuskt.blog71.fc2.com/tb.php/157-46914619

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。