FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告 ★ comments(-) ★ trackbacks(-) ★ TOP↑

≫ EDIT

六波羅蜜寺

rokuharamitsuji2.jpg rokuharamitsuji4.jpg
 「市の聖(いちのひじり)」空也上人ゆかりの六波羅蜜寺です。お寺自体は割と小さなお寺で、東山五条のごちゃごちゃしたところにあります。上の写真のとおり、正面に面した門柱のフォントがやけにかっこよかったり、本堂の軒や柱が結構どぎつい極彩色だったりと、ちょっと想像していたのとは違いました。
rokuharamitsuji3.jpg rokuharamitsuji8.jpg
 本堂の裏手にお目当ての宝物館があります。とにかくあの空也上人に会いたいという憧れにも似たわくわく感で入っていきます。空也上人立像は、鹿の角の杖、胸の打楽器(金鼓)、右手の撞木、本当に布でできているかのような袖の表現、そして口から出る「南無阿弥陀仏」の仏様と、写実と伝承が最高の次元で融合し、まさに彼の仏性を一瞬に封じ込めて永遠に朽ちることない高みに押し上げるかのような静謐さを湛えています。
 また、薬師如来坐像(国重文)はやけに唇がキュートだったり、脇を固める四天王も重厚感あふれ立派ですし、怖ろしい閻魔大王の像、運慶、湛慶の像、仏に帰依したおだやかな表情の平清盛像など、小さなスペースに結構見所が多い宝物館です。
関連記事
スポンサーサイト

カテゴリー:京都comments:0trackbacks:0TOP↑















非公開コメント

http://nexuskt.blog71.fc2.com/tb.php/35-f2a6dcb4

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。