FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告 ★ comments(-) ★ trackbacks(-) ★ TOP↑

≫ EDIT

美濃国分寺

minokokubunji01.jpg minokokubunji25.jpg
 その名も金銀山瑠璃光院美濃国分寺という大変めでたい名前のお寺です。掲示板でkaz様に教えていただいたお寺です。もともとは天平の時代に各地に建立された国分寺の一つですが、もとの伽藍はすべて焼失し、現在の場所のすぐ南に国分寺跡という史跡のみが残っています。右上の写真で「美濃国分寺跡」という石碑の背後にあるのが、もともとの伽藍があった場所で、現在は礎石や遺構などが残っています。そしてその背後に見えるのが現在の美濃国分寺です。
minokokubunji23.jpg minokokubunji07.jpg
 この新しい方の国分寺に、国の重要文化財の薬師如来坐像があります。左上の写真で、山門の上の方に建っている建物に安置されています。基本的には毎月8日に開けるそうですが、kaz様の情報どおり、天気のいい日曜日には開けるそうです。ということで、日曜日に電話で確認をとってから行ったので観ることができました。本堂から上がり、階段を少し昇ってご本尊の収蔵庫に着きます。薬師様はそれはそれは立派で、なんてったって3mを越す仏様です。岐阜市の真長寺の仏様も大きいですが、こちらのほうが地面に近い所に坐っていらっしゃいますので、よけいに迫力があります。
minokokubunji10.jpg minokokubunji03.jpg
 右手は施無畏印で、左手は薬壺を持っていますが、この薬壺は後補だそうで、もともとは何も持たない与願印であった可能性もあります。山門には阿形と吽形の金剛力士像があります。
minokokubunji13.jpg minokokubunji17.jpg
minokokubunji20.jpg minokokubunji22.jpg
 境内には弘法大師堂(左上写真)、や観音堂(右上写真)といった建物があったり、少し離れた所に医王の滝(左下写真)という滝や、立派な鐘楼(左下写真)があったりします。さらにすぐ目の前の国分寺跡を散策したりすると結構時間がつぶれる場所です。薬師如来坐像が観られるかどうか確認してから訪れることを勧めます。
 
関連記事
スポンサーサイト

カテゴリー:岐阜comments:0trackbacks:0TOP↑















非公開コメント

http://nexuskt.blog71.fc2.com/tb.php/44-9120f9e9

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。