FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

龍應山西明寺

saimyoji25.jpg saimyoji01.jpg
 滋賀県犬上郡甲良町にある西明寺(さいみょうじ)。湖東三山の一つに数えられます。834年、三修上人により創建の天台宗の寺院です。
 結構長い参道があり、参道の下に車をとめて歩いて登っていくこともできますし、参道の半ばにも駐車場がありますので、途中から登っていくこともできます。樹齢1,000年という夫婦杉を横目に見ながら登っていくと、まず二天門があります(写真右上)。
saimyoji06.jpg saimyoji09.jpg
 この二天門は国の重文で、左右には金剛力士像ではなく、持国天、増長天がいます。ゆえに二天門です。そして二天門をくぐると本堂です。鎌倉時代初期に飛騨の匠により建造され、釘を一本も使用していないのだそうです。寺自体は織田信長により焼き討ちにあったのですが、幸いこの本堂と、三重塔(国宝)、二天門だけは残ったのだそうです。本堂が国宝指定第1号なのだそうです。
 本堂の中には、たくさんの仏像が安置されています。本尊の薬師如来像は秘仏で厨子に入っています。、住職一代につき一回だけ開帳されるそうです。厨子の両脇には日光・月光菩薩があり、その隣に左右6体ずつ十二神将が勢ぞろいしています。この十二神将は運慶の弟子の作だということです。その外には四隅に四天王が安置されています。この内、多聞天と広目天が国の重文に指定されています。さらにその外側には左に毘沙門天、右に増長天の像があります。この増長天は特に立派で、3mぐらいあるように見えます。
 内陣の裏に入るとまたまたお宝の山で、阿弥陀三尊像(阿弥陀如来、観世音菩薩、勢至菩薩)は快慶作と言われ、大きくはないですが、素晴らしいクオリティです。精緻な意匠の光背は一枚の板でできているということです。他にも清涼寺にある釈迦如来を模作したという釈迦如来像(国重文)や親鸞上人像、元三大師像などなどガイドの方が丁寧に内陣裏を案内してくださいます。必死にメモを取りました(笑)。
saimyoji17.jpg saimyoji10.jpg
 もう一つの国宝三重塔。鎌倉時代後期の作でやはり釘を使用していない総桧の建物です。塔の高さは23.7m。その古さ加減といい、三層の安定感といい、本堂とのコンビネーションといい、素晴らしいです。特に初層と二層の軒の反りが美しいです。組物は三手先です。初層内部には大日如来が安置され、鎌倉時代では国内唯一という壁画があり、法華経の図解、脇侍仏などが描かれています。
saimyoji21.jpg saimyoji22.jpg
 参道を少し下ると国指定名勝庭園蓬莱庭があります。仏様を象徴する石組や、池の中には鶴や亀を型どった石が配されているとのことですが、この庭についてはよくわかりません。紅葉時は綺麗なのだろうと思いますが。
関連記事
スポンサーサイト



カテゴリー:滋賀comments:0trackbacks:0TOP↑















非公開コメント

http://nexuskt.blog71.fc2.com/tb.php/63-bf95e18d

PREV | PAGE-SELECT | NEXT