FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告 ★ comments(-) ★ trackbacks(-) ★ TOP↑

≫ EDIT

般若寺

hannyadera07.jpg hannyadera18.jpg
 奈良公園から少し北に上った場所にある般若寺(はんにゃじ)。さほど大きな寺院ではありませんし、普通の町中に建っているごくごく普通のお寺です。しかし、ここには右上の国宝の楼門があります。一重屋根の二階建ての門を楼門と言います。この楼門は入口の部分が一間だけで一間一戸と言うそうです。鎌倉時代(13世紀)の創建で、鎌倉時代の一間一戸の楼門はここだけとのことです。実に古めかしく、美しい反りをもつ入母屋の屋根です。まったくふつうの街並みに何気に建っています。
 般若寺は別名「コスモス寺」と呼ばれています。私が訪れた時期はたまたまコスモスの時期で、左上のように大変美しい景色でした。コスモスの後ろにあるのが本堂です。
hannyadera02.jpg hannyadera08.jpg
 ここのもう一つの見所は、左上写真の十三重石宝塔(重文)です。本堂の正面に建っています。この宝塔の解体修理の際、中から胎内仏が出てきて、本堂裏の宝蔵堂で特別公開をしていました。
 右上の写真は経蔵で、これも重文ですが中には入れません。
hannyadera12.jpg hannyadera15.jpg
 本堂の裏には宝蔵堂があり、白鳳金銅仏、阿弥陀如来立像、先述の胎内仏などを観ることができました。左上の写真は宝蔵堂の入口です。右上写真は、コスモス、本堂の周りに並ぶ観音石仏、本堂、十三重石塔をフィーチャーしたものです。
関連記事
スポンサーサイト

カテゴリー:奈良comments:0trackbacks:0TOP↑















非公開コメント

http://nexuskt.blog71.fc2.com/tb.php/70-f5f292fd

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。