FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告 ★ comments(-) ★ trackbacks(-) ★ TOP↑

≫ EDIT

秋篠寺

akishinodera1.jpg akishinodera8.jpg
 秋篠寺はもともとの創建は776年という長い歴史をもつ寺です。平城宮跡から北西に15分ほど車で行った場所にあります。周りは結構細い道に囲まれて、車が対向できないような場所があります。左上は東門で、境内の中には林がたくさんあり、建物そのものは大して大きくはないのですが、敷地は大きいです。残念ながら東塔、西塔は礎石だけですが、かつては大寺であったことを偲ばせます。また、右上のような苔むした地面の場所もあったりして、落ち着いた趣です。
akishinodera2.jpg akishinodera3.jpg
 上の写真は2枚とも国宝の本堂です。本堂は鎌倉時代の創建ですが、奈良時代の様式を完璧に模して造られています。低い屋根と下層部のバランス、屋根の緩やかな傾斜が実に安定感があり、とても美しい建物です。訪れた時はピーカンでしたので、写真のように青い空がバックだとひときわ美しさが増します。
 本堂を入ると、なんと土間になっており、うす暗くあまり広くない内部にずらりとお宝の仏像が並びます。中尊の薬師如来をはさんで、右側には日光菩薩、十二神将の内の六体、不動明王、帝釈天、愛染明王が並び、左には月光菩薩、十二神将の内の六体、地蔵菩薩、そしてそして、いちばん左にはここのハイライト、伎芸天があります。伎芸天は、全体のバランス、体の傾き、そして顔の傾きが絶妙です。なんとも言えません。これが1度でも違っていたらぜんぜん違う感じになっていたであろうというぐらい絶妙の傾きです。そして、その真っ黒のお顔の表情の美しさ。まさに東洋のミューズと言われるだけのことはあります。美しすぎると言っていいです。それが真っ黒なので恐ろしささえ醸し出しています。さらに驚くのは、頭部と体部の造られた時代が異なるということです。頭部は脱活乾漆造で天平時代の作で、その後被災し、その後鎌倉時代に体部を寄木造で補ったという変わり種です。とてもそんなことを感じさせない見事なバランスを保っています。この伎芸天のさらに左奥には五大力明王が鎮座します。
akishinodera4.jpg akishinodera5.jpg
 本堂の他には、左上の開山堂、そして右上の大元堂があります。大元堂には秘仏が安置されているそうです。なお、東門の他に南門からも出入りできます。
関連記事
スポンサーサイト

カテゴリー:奈良comments:0trackbacks:0TOP↑















非公開コメント

http://nexuskt.blog71.fc2.com/tb.php/82-ec8ff59a

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。