FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告 ★ comments(-) ★ trackbacks(-) ★ TOP↑

≫ EDIT

常楽寺

jorakuji02.jpg jorakuji23.jpg
 滋賀県湖南市にある湖南三山の第2弾、常楽寺です。善水寺から車で10分ぐらいの場所にあります。この常楽寺と、第3弾の長寿寺はとても近い距離にあります。常楽寺は、他の湖南三山同様国宝の本堂がありますが、ここにはなんと国宝の三重塔もあります。さらにその本堂と三重塔がとなりあって建っていますので、左上の様に、あまりアングルを考えなくても本堂を撮るといい構図で三重塔が入ってしまいます。これはこのお寺の圧倒的なアドバンテージです。常楽寺は、708年草創で、平安時代に比叡山の末寺になりました。
 国宝の本堂は、南北朝時代1360年に再建されたものです。入母屋造の檜皮葺です。右上の写真は、三重塔の位置から本堂の庇を見たところです。本堂内陣には中心の厨子に秘仏本尊千手観音が安置されています(平成15年に開帳されたそうです)。そしてその左右に雷神、そして左右に分かれて二十八部衆(のうち二十七?)が並んでいます。これらすべて国の重文です。そしてそして、お約束の内陣裏がまた充実しているんです。高さ40cmぐらいの十二神将がずらっと二列横隊で行儀よく整列し、平安末期作で国重文の釈迦如来坐像、鎌倉時代作の慈恵大師像、像に乗る普賢菩薩像、不動明王など素晴らしいお宝が目の保養をさせてくれます。
jorakuji05.jpg jorakuji09.jpg
 本堂の脇を通り、左上のように少し階段を登ると三重塔です。国宝です。古めかしく、黒々として重厚な塔です。1400年建立です。高さ22.8m、相輪も含めて往時のまま残っている貴重な塔です。
jorakuji16.jpg jorakuji29.jpg
 本堂や三重塔の裏が山の斜面になっているため、裏に回るとより高い位置から見られたりして、様々な角度からこの三重塔と本堂の景色を楽しめます。左上は、本堂の庇の位置から三重塔を眺めたところ、右上は2層目の真横の高さから水平に見たところです。高欄や三手先の組物がすぐ目の前にはっきりと見られるところもここの特徴です。
jorakuji28.jpg jorakuji03.jpg
 その本堂、三重塔のまわりの山道に左上のような小さな石仏群が並びます。近江西国三十三観音をあらわす石仏群です。また、本堂の横には右上の薬師堂があり、薬師如来が祀られています。決して広くはないお寺ですが、見るべきものはたくさんあります。
関連記事
スポンサーサイト

カテゴリー:滋賀comments:0trackbacks:0TOP↑















非公開コメント

http://nexuskt.blog71.fc2.com/tb.php/84-ad2b2a6e

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。